ターゲット人財採用ソリューション

「待ち」から「攻め」の採用スタイルへ

採用活動の早期フェーズでターゲット人財を発掘し、他社に先駆けてモーションをかけることで、「待ち」から「攻め」の採用スタイルを実現。 「面接官との相性チェック」「くどき方」「内定辞退低下策」「戦略的配置配属」などトータルソリューションを提供し、 ターゲット人財の獲得人数を増やします。

採用コンサルティング&アウトソーシング

プロモーションでは、「ESP診断(Web診断)」、「アウトソーシング」、「採用コンサルティング」の3つの手法に基づいて、ターゲット人財を獲得するための戦略コンサルティングを提供しております。
※ターゲット人財とは、新入社員当初は即戦力人員で、数年後には稼ぎ頭のS-Aランクの中堅社員、そして将来は経営幹部という人財のことです。


@母集団の質の向上

弊社の実績、独自データにより、ターゲット人財に対応した採用ポータルサイトからの導線をご提案いたします。
また、ターゲット人財のアンケート分析による月度レビューを行い、サイトを常にブラッシュアップ。
ターゲット人財エントリー数がアップします。


Aターゲット人財早期発掘

ターゲット人財の出現率は5%未満のため、応募エントリー段階でのESP診断(Web診断)導入がベストです。
ESP診断でターゲット人財を早期発見し、他社に先駆けてコンタクトするのが重要です。


B内定承諾率の向上

金太郎飴のように、いつも同じような試験・面接を繰り返していては、いい人財を取り逃がしてしまいます。
ターゲット人財に採用リソースを選択し集中する事で、スカウト型の採用スタイルを実現します。
また、シンボリックリーダープログラムを活用することで、相性の良い面接官を配置し、内定承諾率も向上します。


C内定者の質の向上

@〜Bの結果、ターゲット人財への採用リソース集中により、ターゲティング学生確保が可能となり、内定者の質の向上を実現します。



D内定辞退率の削減

入社式までの間、内定者のモチベーションの維持や、組織の一員である意識が芽生えるように、 メンター制度、内定者研修、内定者向けのSNSやeラーニング、その他様々な企画をご用意します。


E戦略的配置・配属

社内分析を実施することにより、配属先と内定者の相性を組み合わせて戦略的に配置・配属します。

このページのトップへ